紫外線ってなんだろう?

イチョウの木と太陽

こんにちは、鈴蘭の小田ックスです(*^_^*)

ゴールデンウィークが終わり、いつもの生活が戻ってまいりましたね。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

晴れた日には日差しを強く感じる事も増えてきました。

これから夏にかけての4月~9月は1年の70~80%の紫外線量を浴びる事になります。

これからは紫外線対策が重要になってきます。

 

なぜ、紫外線対策が必要なのか?

 

皮膚が紫外線を浴びると、普通の酸素は一重項酸素という強力な活性酸素に変わってしまいます。

この一重項酸素の酸化力は強力でメラニンをつくる「メラニン細胞」を刺激します。

メラニンは紫外線から身体を守ってくれる大切な役目があります。

 

皮膚全体が平均的にメラニンをつくってくれれば、健康的な日焼けとなります。

しかし、メラニンをつくる細胞が一か所で増えすぎてしまうと「シミ」になってしまいます。

 

紫外線によってつくられた一重項酸素は、皮膚の細胞を構成する繊維芽細胞を弱めたり、殺したりします。

繊維芽細胞は、皮膚の張りを保つコラーゲンをつくる細胞なので、皮膚の張りが弱くなって「シワ」の原因となります。

 

また、丈夫なコラーゲンにするためにはビタミンCが必要です。

ビタミンCが身体の中の活性酸素を消すのに使われてしまうとコラーゲンを丈夫にするまでに手が回らない事になります。

 

このように紫外線は「シミ」、「シワ」の大きな原因になっています。

 

明日から日焼け止めで紫外線対策を!!!

 

ただ、紫外線対策は「日焼け止め」以外にも方法がある事をご存じですか?

一緒に行うことで紫外線対策の効果アップに間違いなし(*^_^*)

 

続きは次回で~♪
【追記:更新しました。】
紫外線って何だろう?Part2

 

ゴールデンウィークのお疲れは残っていませんか?

遊びすぎた~方、今週は仕事が忙しい方

鈴蘭ではそんなあなたをお待ちしております。

 

元気の出るツボをグリグリっと刺激しちゃいます☆

この記事を書いた人

セラピスト
小田 歩

鈴蘭のブログを読んでいただき、ありがとうございます。 太陽の店長と頑張っております、月影の小田ックスです。 肩こりや腰痛だけでなく、なんだか疲れたなぁの時にも鈴蘭をご利用いただけると嬉しいです。 これからもよろしくお願いいたします!!

お客様の声一覧